お問い合わせは0120-889-110

個人のお問い合わせ

法人のお問い合わせ

ALSOKガードシステム

 広島綜合警備保障は創業以来、警備の機械化とシステムの開発に取り組み、警備の分野に人間性と機器を結合させたマン・マシンシステムを実現し、一般企業から金融機関等まで幅広くご利用を頂いています。

 侵入や火災等が発生した場合には、ガードセンターのスタッフが的確な判断を行なうとともに、機械警備隊員が現場に急行、迅速に対応します。

目的や用途で選べる3つのセキュリティ

  • ALSOK-ST(スタンダード)
    侵入や火災、設備等の監視に必要な機能を搭載したスタンダードなセキュリティシステム。
    (詳しくは“ALSOK-ST”のロゴをクリック!)
  • ALSOK-GV(ジーファイブ)
    画像監視による最先端のセキュリティシステム。
    勤怠管理機能で、労務管理もサポート。
    (詳しくは“ALSOK-GV”のロゴ”をクリック!)
  • ALSOK-FM(ファシリティマネジメント)サポート
    スケジュール制御や店舗管理が可能。
    施設の無人化やマネジメント業務に役立つセキュリティシステム。(詳しくは“ALSOK-FM”のロゴをクリック!)

機械警備システムフロー

現金・貴重品輸送(警送業務)

 通貨の流れは経済の大動脈に等しく、年を追うごとに警備輸送の業務は重要度を増しています。さらにユキビタスエコノミーやEコマースの台頭で、通貨の移動は銀行やコンビニなど金融機関の間に留まらず、サイバー上にも広がりを見せてきました。CD/ATM管理業務で国内トップシェアを誇る実績を残してきたALSOK。広島綜合警備保障は、ALSOKが縦横に張り巡らせたネットワークの一翼を担い、徹底したシステム化、効率化を図り、現金・有価証券。貴金属・美術品などを安全第一に依頼先までお届けします。

現送隊、資金精査隊

各システム・サービスの詳細はこちら

  • コスモシステム
  • 通貨処理システム
  • ALSOK入金機オンラインシステム

ビルメンテナンス(総合管理業務)

 従来の管理とは異なった概念や新しい安全管理の理念や手法が求められるインテリジェントビル&コミュニティ。広島綜合警備保障はビル管理上必要な業務を一括システムとして構築すべきと考え、綜合管理方式を提案しています。

  1. 管理サービス業務(電話応対業務、受付業務、設備遠隔制御システム、遠隔画像システム)
  2. 清掃管理業務 (日常清掃、定期清掃、特別清掃)
  3. 環境衛生管理業務(空気環境測定、給水管理、排水管理、害虫等防除)
  4. 設備管理業務(電気通信設備、空気調和設備、給排水衛生設備、昇降機設備)
  5. 建築物保全管理業務(建築物設備保全管理)
  6. ファシリティマネージメント業務
  7. 防災業務
  8. 警備業務

ビル管理(イメージ)

設備常駐隊

AED(自動体外式除細動器)

 AEDとは、自動体外式除細動器(Automated External Defibrillator)の略称です。

 心臓突然死の原因のひとつである心臓の心室細動が発生した場合に、心臓に電気ショックを与えて心臓が本来持っている機能を回復させる装置です。

【商品の特徴】

  1. AEDの使用に必要な機材と消耗品の定期的なお届けをパッケージ化しており、リース方式とすることにより費用負担を平準化し導入を容易にしています。
  2. 国内外における実績と信頼性あるフィリップス・ハートスタートをALSOKが提供する信頼あるAEDとしてご提供します。
  3. 低エネルギーで効率的な除細動効果が得られるフィリップス独自技術の「スマート・バイフェージック(SMART Biphasic)」方式により、高い除細動成功率と心臓へのダメージを最小限に抑えています。
  4. 明瞭で聞き取りやすいガイダンスで、使用者に的確な指示を与えます。

【サービス体制について】

  1. AEDに関しての専門知識を持っているオペレーターが、365日24時間対応。お客様のニーズに素早くお応えします。
  2. 全国のAED販売事業所にAED担当営業員やアフターサポート要員を配置。全国で均質なサービスをご提供します。
  3. ALSOK独自のAED管理システムを構築。AED導入後の消耗品交換時期や、リニューアル時期をお知らせします。
  4. CPR(心肺蘇生法)講習のための専門トレーニングコーチを、全国のAED販売事業所に配置。ご要望に合わせた教育プランをご提案します。
  • HeartStart HS1+
    初めてでも安心。
    優れた操作性を実現。
    (詳しくはこちら)
  • HeartStart FR2+
    軽くて頑丈。
    天候、環境を選ばないAED。
    (詳しくはこちら)
  • HeartStart FR3
    高機能を凝縮。
    プロ仕様のフラグシップモデル。
    (詳しくはこちら)

ALSOK安否確認サービス

 災害時、社員の方々の安否確認体制、準備されていますか?

 どんな企業も天災を避けることはできません。けれども災害時の混乱を最小限に留め、復旧への体制を早急に整えることは十分に可能です。

 その際、一番の要となるのが社員の方々の安否です。救援体制や事業復旧基盤を作り、顧客サービスを継続するために、まず企業が行うべきことは、迅速・確実な安否確認ではないでしょうか。

 「ALSOK安否確認サービス」は、まさかの時も、ふだんの時にも使える、メールを使った企業向けリスクマネージメントツールです。

安否確認サービスイメージ

【ALSOK安否確認サービスの特徴】

  1. プッシュ型サービス
    社員からの連絡待ち(プル型)ではない、より確実な安否情報の収集被災地区社員にメールを一斉配信します。
  2. ASP
    ASPサービスだから事前のサーバーやシステムが不要で、運用費のローコストです。
  3. バックアップ体制
    分散サーバーで災害時にも確実に稼動します。
    この瞬間を守り続けるのがALSOKの『安否確認』です。

【ALSOK安否確認サービスのシステム】

災害が発生すると・・・

大地震(震度5弱以上)が発生した場合に、安否確認サーバーが自動的に社員に対して安否確認メールを配信し、集計結果をパソコンや携帯電話からリアルタイムに確認する庫徒が出来ます。

  1. 地震が発生すると、危機管理情報センターに災害情報が入ります。
  2. 御社社員の携帯電話やパソコンへ安否・状況確認を一斉にメールで自動配信。。
  3. メールを受け取った個々の社員が、ホームページにアクセスして、安否・状況を返答。
  4. 個々の安否は、安否確認サーバーに集約され、自動集計されます。
  5. 御社担当者は専用ホームページから安否を確認。

詳しくは 安否確認サービスの詳細へリンク